肉料理がテーマの旅行

世界の肉料理

肉料理がテーマの旅行 - 世界の肉料理

ブラジルのシュラスコ


世界には日本人が普段食べないような肉料理も色々とあります。

ブラジルのシュラスコは、その食べ方からして豪快です。かなり大きな牛肉や豚肉を串刺しにして炭火でじっくり焼いたものをそのまま客席まで持ってきては、クルクル回しながら店員さんがナイフで切り分けてくれます。かなりワイルドな印象ですが、出来たての肉を食べたいだけ食べられるという、非常に合理的な肉の食べ方であるといえます。

ブラジルでは日本のような「もったいない」という感覚は希薄で、ご飯を残すことも特に悪いこととは考えられていません。そのせいか、例えば冷たくなった肉は「いらない」といえばすぐに新しいものと交換してくれたりします。また、焼き加減や油の量が気に食わないときでもすぐに交換してくれるので、なんとも良い気分で肉を食べることができます。

日本でもシュラスコは少しずつ浸透してきていて、シュラスコ食べ放題のお店も続々と増えています。東京の六本木や青山などにも増えていますし、静岡など日系移民が多いエリアでもじわじわとシュラスコのお店が増えてきています。普段は小さな和牛や焼肉をありがたがって食べている日本人も、時には豪快に肉を食べる瞬間が必要なのでしょう。

リオデジャネイロのシュラスコレストラン

おすすめは「Fogo de Chão」です。リオデジャネイロの人気エリア、ボタフォゴにあるお店で、とても内装がきれいでスタイリッシュなのが良いポイント。
また、「Marius Degustare」も肉の味の良さが受けています。

03